白衣の通販サイトの役割を推察する

わたしは、過去に、有る白衣メーカーの生産工場で、保全(ミシン、ボイラー・・設備の修理をする仕事。)として働いていた事が有ります。 普通、白衣は、大量生産なので、S,M,Lを基本として、特別サイズの場合、S、M、Lの基本サイズに、バストサイズ、ウェスト、肩幅・・・の一か所か、二か所位のサイズを変えるのである。 しかし、テレビドラマの主演と主なる出演者の着る白衣場合、全サイズを指示通りに造らないといけないのであります。 ただ、サイズが合っただけでは通りません、風合いとか、試着して不具合が有るとか、何回も縫い直しに成るのです。 当然と言えば、当然である、ドラマの担当スタッフが見て、カメラ映りが悪いとか、しわが出来る所が有るとか、・・・色々、気に成った処が出るとその都度、直させていたと思われる。  苦労して造ってやっと、納品に成るのである。

テレビドラマの仕事が入ると、縫製スタッフが急に明るく成る、まず、誰より早く、どこのテレビ局が、なんというドラマ名で、何時から始まるのか誰より早く知ることが出来るのである。 それと、自分で造った白衣がテレビで観れるのである。 これほどの名誉は無いという気持ちに成るのであろうと思われる。

しかし、如何いう風に、納品されているか保全の私には、さっぱりわかりませんでした。白衣メーカーが直接納品、販売は絶対にないと言う事は知っていた。 今回、白衣の通販サイト(白衣ネット)で、テレビドラマ用白衣を売っているのを見て、最終的には白衣ネットだけではないと思うが、販売ルートを知ったような気がする。

受注して、工場で苦労して造って、納品先が白衣 通販(白衣ネット)等で有り、その後、白衣 通販(白衣ネット)等が、テレビドラマの担当者に届けて、ドラマの出演者が白衣を着てドラマに出ている、それを、私達が、テレビで観ていたのです。