予防なんてできるのか?

http://xn--gck4a5a8f6d4b5646apv0dc80c.com/
初めての赤ちゃんができたときに、気になってしまうのが、なんの障害もなく生まれてきてくれるかということでした。染色体異常があるとほとんどの場合は、赤ちゃんに成長する能力がなく自然流産や稽留流産となってしまい、私も2度ほど稽留流産を経験しました。

しかし、染色体異常があっても赤ちゃんが育ち生まれた場合、なんらかの障害やダウン症を発症させるという事なので、ダウン症予防は不可能ではないかと私は思っています。しかし、生まれてくる赤ちゃんが少しでも健康になってほしいと思うので、妊娠中には栄養価の高い食事をとったり、葉酸サプリを飲んだり、軽い運動を毎日したりと、自分にできることはやれるだけやろうど試みてきました。

ダウン症の予防は不可能ですが、現代の医療技術では、出産前にダウン症の可能性があるかを判別する検査を受けられると知人から聞きました。しかしそれには流産のリスクと高額の費用がかかるということも同時に知り、ましてや、ダウン症と分かったところで、なおすことは不可能なので、わたしはその検査と受けたことはありません。

また、予防法はないのかといろいろ調べましたが、そのようなことはできないようで、せめてもできることであった、生活習慣の改善や、葉酸サプリの摂取などで母体の健康を保つことに専念しました。また、自分なりの予防法としては、ストレスをためないようにリラックスして過ごすことや、もしもダウン症を発症させてしまったら、などを考えすぎないように心掛けていました。