難しいご近所付き合い

結婚して住宅街に住んでいるので、隣近所が集まる班がありその中に所属しなくてはなりません。うちの地域ではそれほど行事が多くなくて、その中の班長にならなければ地域清掃がある位で済みます。

しかし、今はわが家が班長になっているので回覧板を回したり広報を配り歩かなくてはなりません。月に2回は各家庭へ伺わなければで、それが最近煩わしく感じて来ました。

以前から、このおばあさんにはあまり好かれていないと思う人がいて、ここ数回はそのお宅に行くと以前はおばあんが必ず出て来たのですが、旦那さんが対応するようになりました。

最初は夕方に伺ったので、夕食の準備で忙しいのかと思った程度でしたが何回か続いたので、さすがにこれは私を避けているんだと感じとることが出来ました。

普段もあまり接点がないし、年齢も倍は離れているのでどうしてなのか不思議でなりません。でも、そのおばあさんにとっては何か私に対して思うことがきっとあるからこそ、あえて避けるような態度を取るんだと感じています。

人の気持ちや思いって、難しいし人を変えることは出来ないから仕方ないのかも知れませんが、出来ることならばご近所に住んでいるので気持ちの良いお付き合いが出来ればと思っていましたが、何だか残念にも思ってしまいます。

明らかに嫌われていると感じているのに、それ以上こちらが一生懸命に働きかけをして行くのも、何だか自分の時間やエネルギーを無駄に使うような気がするので、もうこの人とはご挨拶だけと決めたら何だか気楽になりました。人間、割り切りって大事ですね。

寝るのが下手な子っているんですよ

クマを消す簡単な方法があった!

小学生の頃から眠るのが下手で、長時間眠れないし、気を付けていないと夜更かしをしてしまう子でした。
中学生、高校生になっても変わりませんでしたね。基本的に短時間睡眠になってしまうんです。

でも眠いものは眠いし、睡眠自体は足りていないんでしょうね。クマはしょっちゅうできますよ。
【クマに効果のあるアイクリーム】を塗ってやりすごしていますが、大人になり、子供を育てている身としては母親はさぞ苦労したんだろうなと自分のことながらゾッとしました。

赤ちゃんは夜泣きをする子も多いですし、短時間睡眠で上手に眠れない私でさえも自分の子供の夜泣きは辛かったです。
一時期はとにかく寝かせてほしいとばかり考えて毎日を生きていました。

私なんて赤ちゃんのころはほとんど起きて泣いてばかりいたんじゃないのかと思って、お母さんは大変だったね。ありがとうねと感謝してみたら全然泣かなかったわよー育てやすい子だったわと言われました。

赤ちゃんのころはぐっすり寝てくれる子だったらしいんですよ。
こんなことってあるんですね。赤ちゃんの頃はよく眠れたのに、成長とともに眠れなくなるなんてなんだか不思議です。

赤ちゃんの時に一生で眠る分の大半を使っちゃったから今はよく眠れないのかな。なんて根拠のないことを本気で考えてしまいましたよ。
学生の時は眠れないと疲れが取れなくて次の日の部活が心配なんてことで悩んでみたりしましたが、現在は大人なので別に困ることがなくて普通に暮らしていけています。

今のところクマに効果のあるアイクリームさえ持っていれば生きていけますね。
外に働きに出るようになったら、疲れを取るためにもしっかり眠らないといけないのでその時こそ真剣に睡眠について考えてみようと思います。

同窓会☆

最近久々に中学・高校時代の友人と飲み会してきました!
会うのは約5年ぶり。県外に出ている人が多く、仕事が忙しかったために成人式でもあえず…。

部活と恋愛に明け暮れていたあの頃が懐かしいなぁ。
それがお酒を一緒に飲めるくらいになったんですもんね(笑)

仕事の話や今の彼氏の話、学生時代の懐かしい話や今だから言える話なんかをしました。
毎日一緒にいた同級生なのに意外と知らないことってあるんですね。

学生時代の話をしているととても懐かしい気持ちになりましたが、仕事の話なんかを聞いているとみんな大人になったんだなぁと改めて実感。
そして話をしながらみんな一度は口にしていたのが『私たちも歳とったねぇ。』でした(笑)
社会人になってたった5年ほどしか経っていないって思っていたけれど、実際街で見かける女子高生や同じ歳でもまだ大学生の人を見ると「わかいなぁ」って思ってしまいますね。

とはいえ、やっぱりあの頃に戻った気分。話はつきませんでした。

そしてみんな曰く一番当時と変わったのは私だそうで(笑)もちろん歳もとったし、自分でもちょっとシワが…なんて思っていましたが、何より結婚して名字が変わり現在妊娠7ヶ月。お腹がしっかり出ているわけで。そりゃぁ変わったって言われますよね。
でもきっとみんなももう少ししたらそうなるんだろうなぁ。

今度会うときが何年後なのかはわからないけれど、その時はママ友の会になっていて、会話の内容がもっぱら旦那の愚痴になっていそうです(笑)

東京駅のおすすめ

新幹線で地方から東京に来た時に降りる駅は東京駅か品川駅です。そこで日本一大きくてわかりにくい東京駅のおすすめスポットを独断で紹介します。

東京駅に着いたらまず行くべきなのは東京駅地下一番街です。お子様に人気のキャラクターグッズのお店が並んでるキャラクターストリートやいつも行列ができてるラーメンストリートなどがあり大型連休などはたくさんの人で賑わっています。

近くに大丸や東京限定商品が売ってるお菓子のアンテナショップが集まった東京おかしランドがあり不定期で催事店もやっています。少し変わった東京土産が欲しいと思ったら東京おかしランドの斜め向かいにある東京みやげセンターに寄ってみてください!

東京駅に来たら昔の東京駅を思わせる駅舎にも行ってみたいですよね?普段から貫禄があって素敵ですが、夜になるととても素敵な外観になる駅舎はおすすめです。

東京駅には大まかに出口が2つあります。丸の内口から出ないと迷ってしまうので気をつけてください。JRできて八重洲口の改札を出てしまったらまずは丸の内連絡通路を目指してください。東京駅地下一番街のキャラクターストリートがある方に連絡通路があります。道なりに歩いていくと階段があるので登ったら駅舎が見えますよ!

最後におすすめしたいのがJRの改札内にあるお弁当屋さん祭です。知っている方も多いのではないでしょうか?朝早くからやっていてたくさんのお客さんで賑わっています。全国のお弁当は限定のお弁当も販売しています。

アラフォーママ、久々に肩こりガッチガチになりました

うちの男子2人も4年生と年長になりました。元気いっぱいの虚弱体質児達ですが、
この冬、上の子が生まれてから初めて、冬場に3週間2人とも風邪をひかない、という快挙があったのです。

チャンス到来!!とばかりにパート探しを始めたのですが・・・あっという間に次男が
インフルエンザにかかり、まさかの6日間の高熱。ひどい咳と下痢に悩まされ、やっと登園したと思ったのに・・・。

入れ違いに長男が風邪をひき、こちらはいつも通りのだらだら微熱に喘息症状。
3学期が終わってみると、結局2人合わせて45日、驚異の欠席数です!

まだまだ外には出られないな・・・と痛感していたところに、幼稚園から在宅ワークのセミナーのチラシが来ました。これしかない!と飛びついて、さっそく始めてみました、
在宅ワーク。

10年ぶりのお仕事モード。何もかも忘れていて大変です。
でも楽しいのです。もともと文章を書くこと読むことが好きなので、
長時間のパソコン作業も全然苦になりません。

本当に久々に、子育てを忘れて何かに集中する時間が持てました。

しかし。
肩がこった!!もうガッチガチです。休憩しては肩を回してみたり揉んでみたりしていたつもり
なのですが、ちょっと根を詰めすぎました。

目の疲れも半端ないです。コンタクトなどしていられなくなり、すっかりメガネ生活です。
目をつむるとじわーっと疲れが浮いてきます。
もともとドライアイなのに、大丈夫でしょうか・・・。

休憩にだらだらネットを見ていたら、目の下のピクピクが危険!病気?疲れ目?ここでチェックの文字が。
色々なサプリがありますが、「めなり」という名前が可愛くて気になります。
在宅ワークで少しお金が入るようになったら、試してみようかしら・・・。

そう、休憩にネットを見て、パソコンに疲れたら本を読み、趣味はソーイング。
困ったことに目を使うことばかりが好きなのです。目をつむって音楽を聴いても、
すぐにそわそわしてしまい、落ち着いて聞いていられません。

生活に張り合いが出たのは嬉しいけど、近視で乱視、最近老眼まで入ってきて
もう三重苦の私としては、目と肩のケアには本気で注意したほうが良いかも知れませんね・・・。

早起きは三文の得

月曜日になるとやはり仕事に行きたくなくなりますよね。
土日に楽しく遊びまわればまわるほど、月曜日の朝が本当に辛いです。
今朝も目覚ましがなると、もう朝なのか、ため息がでてしまい、一度では起きられずに何分かおきに何度も目覚ましをかけてやっとぎりぎり間に合う時間におきるというかんじでした。

そんな感じで準備をしているものですから、朝から主人とのトラブルが多いです。
同じくらいの時間に起きれば、顔を洗いたい時間もトイレに行きたい時間もドライヤーを使いたい時間も一緒になるので、どちらかが譲ればいいのですが、寝不足のあさはふたりともそんな余裕はなく、「もうちょっと横にずれてよ」「いつまでトイレに入ってるの」というやりとりが毎日行われている気がします。

朝からバトルをしてから仕事にむかっていたため、今日一緒にランチをした友人にその話をしてみました。すると、友人も前までは主人ともめることが多かったようで特に月曜日がやはりいつも以上に時間がなくヒートアップしてしまっていたということでした。

ですが、家中の時計を5分すすませるようにしたようで、それからはお互いセカセカせずに行動できるようになって朝のもめごとはなくなったということでした。

聞いてみると、どちらかが譲ればちがうことは相手が譲ってくれたりと、少しずつそういった生活スタイルになってきて朝のコーヒーもおいしくなったということでした。
わたしも明日から早速ためしてみようとおもいます。早起きは三文の得。昔のひとはよくいったものですね。

人生初MRI!?お月見からの悪夢の日々

今年の十五夜はとてもお月さまが美しかったですね。
毎年、お月見とても聞くと無性にお団子が食べたくなるもので…。
当日急遽、「みたらし団子」作りにチャレンジ!!!

3歳の息子と1歳の息子と3人でいざ挑戦!!
丸めるまでの作業は私がして、形を作る作業を息子たちと楽しもうと準備しました。
しかし、甘かった…。
丸めるぐらいなら…と簡単に思っていたのですが、次男は丸めるどころかちぎるのみ、長男辛うじて捏ねるがゴミ入る…。完全に粘土状態。

楽しいお団子作りとはならず、早々と撤去することに。
何やかんやで、無事お団子完成!?

このお団子食べたくないなー(笑)なんて思いながら、沢山作り過ぎたので、近くにある実家へ子どもたちを連れ、おすそ分けに行きました。そして実家で両親も一緒にお月見する事になりました。

本当に綺麗なスーパームーンで大人たちはまったりお月見を楽しみ、お月さまそっち退けで真っ暗闇で遊び回る息子たち。

お団子も満月も楽しめたので良かったのですが、そこから私の悲劇が始まります。
帰宅後、何故か頭痛…。

いつも通り偏頭痛かな?と気にせず、寝たらなおるからと思っていたのですが、次の日起床しても何故か治らない訳です。

その日一日中ガンガンと頭痛に悩まされ、夜も眠れないほどに。
頭痛以外他に症状もなかったんですが、時間が経てば経つほど頭痛は酷くなり市販薬も効かなかったので、徐々に命の危険を感じ始めた私。

頭は常にガンガン、横になるとズキズキ、動くとギューと頭を締め付けられ、今まで感じた事のない痛みだったので、大袈裟ではなくこのまま死ぬんじゃないかと言う恐怖に襲われました。

人生において勉強は一生続けるべき

もうすぐ30手前になる私ですが、今までで一番勉強に精を入れていた時期はいつ頃だろうと思い返してみますと、高校受験、大学受験の時期だったような気がします。

数学、英語、物理…など何種類もの教科を必死になって毎日勉強していました。
好きな科目は今でもたまに勉強する機会があったりしますが、興味もそそられない科目も当然あったので、そういったものについてはいざ受験が終わると「二度とこんな科目勉強するものか!」と心の中で強く誓ったのも覚えています。

ところがハードな受験勉強から10年近くが過ぎた今日この頃、当時は見るのも嫌だったような科目をふと勉強してみたいなと感じるようになったのです。私の場合は地理、そして政治経済がそうだったのですが、今いちど参考書を読んでみるとまあ信じられないことにたいへん面白いなと感じたのです。

きっかけはインターネットのとある記事を読んだことにありました。
少しばかり投資に興味が出てきたのでそういった関連の情報を集めていたところ、「投資には地理や政治経済の知識が必要」という文章を目にしたのです。

その文を読んだときに私は不思議と、「嫌いな科目だし、諦めようか」とは思わず、「若いうちに毛嫌いせずにちゃんと勉強しとけばよかった」と後悔の念にとらわれてしまったのです。

そして書店で高校生向けの参考書を探してきて、空いた時間に読むようにしています。長い人生、自分が何に興味を持って何が必要になるかわかったものではありません。

最初はつまらない、苦手だと感じることも、時間が経てば必要になってくることもあり、その時は自分なりに受け入れられるようになっているのだなとこの歳になって実感しました。そして人生はどんなことでも常に学んでいこうという姿勢がやはり大事なのだなと改めて思いました。

始まってしまった、加齢臭。

私には4歳年上の旦那がいます。
普段は気にならないのですが、ものすごく疲れた時や汗をぐっしょりかいているときに脇の下からなにやらか臭いにおいがします。
九州の人はわかると思いますが、ミンチ天のにおいなんです。
玉ねぎなどが入った、魚のすり身の天ぷらです。
もちろんそのミンチ天自体はとてもおいしく食欲をそそるにおいなんですが、旦那からそのにおいがでると…
しかも、脇の下って…なんでなんでしょう。

ついうかっかり、風呂に入っていない旦那に腕まくらをされようもんなら、しまった!臭い!という感じです。
二年くらい前からだったかな~?
最初は、何事?!と思いましたが、加齢臭が始まったのね、とすぐにわかりました。
脇ひどいみたいで、白いTシャツの脇のところもちょっと黄ばんだりします。…ワキガですかね?
紙一重なんでしょうか?
枕とかは臭くないです。汗をかいてなければ無臭なので、私も面白がって臭うときは「くさーい!」なんて言っちゃってます。
本人はちょっと気にして、デオドランスシートを使ったり、風呂にまだ入ってないのに私がすり寄ってきたら「今くさいよ~」と言ってきます。

本人は別に悪くないのに…なんだか気の毒ですね。
それともほぼ毎日、ビールのつまみに、柿の種とかジャンクフードを食べるので、その不摂生がたたっているのでしょうか。
だとしたら、是非やめてほしいものです。
といいつつ、私も31才。
夫はあまり気がつかないタイプなので、実は私も知らず知らずの間に加齢臭を放っているのではないか、ふと心配になったりします。
自己管理をしっかりし、正直にものをいう子ども達に、私の臭いをかがせて時々チェックしたいと思います(笑)臭いのは周りからすると、迷惑ですもんね。

食品を無駄にしないコツ

うちの冷蔵庫の冷蔵室は、基本的にいつも空いています。買い物は1週間分まとめて買っているのですが、肉や魚は買い物から帰って来たらその日に使わない場合は冷凍室に入れてしまいます。

その方が新鮮さを保つことが出来て、うっかり食べ忘れてしまって知らぬ間に賞味期限が切れていた、と言うことにもならないのかなと考えています。

それなので、うちは食料品の廃棄ロスがほぼゼロになっています。今は結構この食料品のロスが問題になっていて、食品業界や一般家庭でもなるべく廃棄を無くすような工夫が求められて来ています。

よくよく考えて見れば、せっかく一生懸命働いて得たお金で買った食材を捨ててしまうのは、お金を無駄にしているのと同じになります。それに、食材を生産してくれた方や加工してくれた方にも申し訳ないと思います。

このようなことを極力無くしていくためには、必要以上の物を買わないようにすることがとても大事なのかも知れません。その対策として、次のようなことを心掛けて行くと良いのかなと感じています。

買い物へ行く前に、まずは冷蔵庫の中身を全て確認をしてから同じ物を買わないようにして行くことや、何を買うのかを事前にメモをしたりするのも良いのかと思います。

そしてお財布にお金をたくさん入れておくと、つい気持ちが大きくなってしまうので、その時の買い物に必要であろう金額だけにとどめることも、食品の買いすぎ防止策になるのかも知れません。

このような小さいことですが、継続していけば食品ロスも減って行くように感じています。