好きな居酒屋について

私は基本あまりお酒は強くないので乾杯などに付き合う程度です。それでも仕事関係だったり、付き合い等で居酒屋に行くことは時々ですがあると言えます。まあ休みの日に自主的に行くことはないのですが、お酒が飲めない分食べて元を取ろうとするのでフードが充実していて尚且つ安価な居酒屋が好きです。

お気に入りの居酒屋を1つ挙げるのなら鶏貴族です。このチェーン店は全品280円で鶏肉料理をメインの居酒屋だから値段を気にしないで注文出来、安価なのに国産だから安心して食べれます。

また鶏肉なので結構ガッツリ食べても意外とヘルシーだったりします。特にお気に入りのメニューで毎回必ず注文するのが鉄板メニューはもも貴族焼(タレ)で、鶏貴族に来たら絶対に外せません。お酒のつまみとしても合うのでしょうが、ご飯にも合うメニューだと言えます。他にも手羽先もしっかり食べたと満足感があるので好きなメニューです。

またご飯モノも280円でとってもリーズナブルでボリュームがあるのがとり釜飯で、鶏ガラスープで炊いてるから味がしっかり染みて美味です。それにこれだけで結構お腹一杯になるので鶏貴族だと物足りないということはありません。たまに他の居酒屋ではお酒ばかりで注文したいものがない時があったりします。

あと8人以上なら2800円で食べ放題、飲み放題の28とりパーティーにするとお得です。これなら値段を気にせず何品でも食べて飲むことが出来るから大人数の飲み会にオススメです。

大変そうだけどうらやましい

30代後半の専業主婦ですが、幼稚園と小学生に通う子供が2人います。周りも2人兄弟が多いのですが、たまに3人兄弟、時には4人兄弟という人もいます。20代後半と30代前半に子供を出産したのですが、その時は育児も大変だったことからもう子供は2人でいいと思っていました。

でも、子供の育児が落ち着いた辺りに周りでも3人目・4人目を出産する人が増えて年の離れた兄弟もいいなと思う時もありました。

子供の通う幼稚園では20代後半で4人の子供を産んで育てている人も何人かいますし、下の子2人を連れて上の子を送り迎えしているお母さんもいます。

下の子1人をおんぶして、真ん中の子を抱っこしてたり愚図って泣いていたりするところを見ると、大変そうだなとかもう私は戻りたくないなと思う自分がいます。

経済的な事を考えてもそうです。2人の子供を大学まで卒業させようとする場合、主人のお給料ではギリギリだと思います。それに外出なども大変そうですし、旅行に行くのもお金がかかるとマイナスな事ばかり考えてしまいます。

私が真面目過ぎるのかもしれませんが、現実的なことを考えると3人・4人子供がいてみんな大丈夫なのかなと余計なおせっかいを考えてしまいます。

それでも、3人・4人兄弟を育てるお母さんは「家族が多いと楽しい」とか「兄弟は多い方が賑やかで将来も楽しみだ」というポジティブな考えの人が多くそういう考えが出来てうらやましいなと思う時もあります。人生、どう考えるかは人それぞれですが自分のベストな答えを出したいと思っています。

可愛いくて価格がリーズナブル!

私がお店で働いていた時は、ほとんどの女の子がリューユのキャバドレスを購入していました。仕事柄、なかなか昼間にわざわざ出かける用意をしてお店にドレスを買いに行くのは億劫なものです。なのでほとんどの女の子が、自宅でゆっくり商品を選ぶ事のできるリューユのキャバドレスを愛用していました。実際に商品も今時のデザインが多く、可愛い商品があります。また、実際ににお店で買うよりも値段が安いものが多いです。写真などで細かいデザインを見る事もできるので、お店に実際に行って購入するのと変わりないのです。商品の到着までもとても早く、商品不具合での返品、返金などの対応もしっかりしており、不安なく購入する事が出来ました。

ドレスを実際にお店で買うと、サイズや実際のデザインを細かく知ることは出来ますが可愛いデザインのものだと価格もそれ相当の値段がします。しかし、リューユのキャバドレスは、今時の可愛いデザインのキャバドレスが多く扱われており、デザインも細かく見ることができます。尚且つ一番嬉しいのが、実際にお店で買うよりも安い価格で手に入れることができる点です。そして、わざわざ準備をして家から出ることもなく自宅にいて自分の空いた時間に、じっくりと商品を選ぶことができる点もとても嬉しい点です。ただ、ドレスは実際に着てみるとイメージと違ったりする事もあるので、初めてドレスを買う際は実際にお店で買ってから検討する事をお勧めします。

消えないもんだなぁ

一時期、ひざをつく作業をやっていて、下手すると4時間以上ぶっ続けでした。作業が終わると、ひざが真っ赤に腫れてたのですが、放っておけば治ると何もケアしませんでした。サポーターをつけるとか、対策はあったと思うのですが、当時はそこまで考えてなかったです。そんなことを数か月繰り返しているうちに、次第にひざに黒ずみができてしまいました。ついには皮膚が硬化。でも、私はひざをついても痛みや腫れが出なくなり、作業が楽になったとのんきに喜んでました。普段はズボンをはいているので、黒ずんだひざが露出することはありません。しかし、冠婚葬祭の時にスカートをはくことになり、ひざが露出することになった時、ストッキングをはいても黒ずみが意外に目立つことに気づきました。それで黒ずみを消そうと、やっと思い立ちました。とはいえ、ひざの黒ずみはそう簡単には消えず、今もクリームなどをぬっています。

要するにひざの黒ずみは、色素沈着なんですよね。長い時間をかけて摩擦などで皮膚の色が変わったのですから、これを元にもどすのは時間がかかります。とはいえ、じっくり時間をかけて、尿素入りのクリームなどをぬって手入れを続けていけば、ある程度はキレイになります。逆に焦って、軽石などでこすって黒ずみを削り取るようなことをしても、黒ずみは取れません。むしろ黒ずみがひどくなりますので、やらない方が良いです。根気よく繰り返し手入れを継続して行うことが大切です。ビタミンCを飲むと、多少皮膚を白くする効果があるそうですが、私はまだ試してません。でも、毎日緑茶を飲んでいるので、ビタミンCは摂れているはず。緑茶はレモンよりビタミンCの含有率が高いので、心ひそかに期待しているのですが...それでも駄目なときは、ラスターで黒ずみが消えるらしいので試してみようと思います。

大学の教育費

高校まではほとんど義務教育の有様、教育費はほとんど親が面倒見ていると思います。
とかくに話題になる奨学金、ただいまでは大学生の半数ちかくが利用しているそうな。
すると多くの人が奨学金を利用、みんなどうにかしているふうに見えるので、漫然とどうにかなるとばかりに奨学金を借りれば、毎月給料のように振り込まれれば、それって給料と錯覚する人も多いかもしれないです。

奨学金は借金ですと、親も子もしっかり認識して借り入れる、それはあくまでも学校で勉強するためのものであって、儲けた給料のように好きなように使うべきものではないと、親は子に教育しているんだろうか?

我家とたいしてかわらない世間様がどうにかやっているのだから、どうにか出来るのだろうと安易に考えている人も多いかもしれません。

たしかに親には高校まで教育費出してもらったのだから、以後は本人がという意気込みにけちつける気はないけど、学校卒業して社会人一年生、何百万円の借金をせおっての船出ですよ。

大学の学費って親持ち?本人が持つべきもの?
大学って義務教育ではありませんから、そこに進ませたいと思ったら親が持つべきものと思っていましたよ。

大学生の時に奨学金をもらい、バイトをしていれば、社会人になってからの収入のほうが少ないという現実はいくらでもありますよ。しかも借金は返済していかなきゃなりません。学校卒業して3年以内に3ぶんの1が最初の就職先をやめるとのこと。何者にもなれないうちに転職すれば収入が増えるってなことはないと思いますね。

奨学金を返せないのは仕組みのせいだと怒りまくっている記事ままみますけど、そもそも借金をしています、返さなきゃ一人前の社会人とは認められないのが娑婆ですよと、まずは借りる時に腹をくくって借りなきゃね。

この不調はホルモンバランスによるものだった

PMSに効く!劇的に改善するハーブティはこれ!
生理前になるといつもイライラが止まりませんでした。
理由はないのに、夫や子供たちにやつあたりのようなことをしてしまうのです。
自分でも「悪いな」とは思いつつ毎月、この時期になると始まってしまうのです。
でも、同じように月経前症候群で悩んでいるママ友達からルナテア ハーブティー(ジンジャーレモン)を教えてもらい飲むようになってからはイライラがなくなりました。
心が落ち着いており何事にも冷静に対応できるようになりました。
ハーブがブレンドされているおかげで女性ホルモンのバランスが取れるようになったのです。
夫や子供からも「ママは最近ニコニコしているね」と言われています。
自分でも「ルナテア ハーブティー(ジンジャーレモン)を飲む前の私はなんであんなにもイライラしていたのだろう」と思えるほどの変化に驚いています。

月経前症候群は人により感じる症状や程度も様々です。
私のようにイライラする場合もありますが、反対に鬱っぽい状態になる人もいます。
心理的な面だけではなくめまいやのぼせ、下痢などの身体的症状に悩む人もいます。
生理が始まってしまえばその症状もなくなっていくとはわかっているのですが、月経前症候群の期間は生理が始まる2週間前から始まる場合もあり、その間に不快感を持ったまま過ごすのはもったいないです。
ですから、ルナテア ハーブティー(ジンジャーレモン)のように女性ホルモンの働きを整えるような飲み物やサプリメントなどの摂取をしたほうが望ましいでしょう。
自分のみならず周囲のみんなのためにも、つらい月経前症候群に対して何らかの対処が必要だと感じています。

とにかく痛い!つらい!

小学校の時からの片頭痛もちです。なにが原因かはわかりませんが、急に来る片頭痛にびくびくしていました。脈打つたびにくるズキズキとした痛み。これはなんともいえないつらさです。一度は片頭痛の痛さで回りが真っ白に見えて気を失ったことがありました。

その時、保健室に運ばれたのですが熱はない・風邪でもない。ということで教室に帰らされました。そんな小学生の子が片頭痛で倒れるなんて。と思ったのでしょう。いつも頭痛薬を持ち歩いていました。父も頭痛もちでしたので、きっと遺伝だと思います。父はズキトールを毎日飲んで体の血行をよくすることでかなりの改善がみられています。私もだいぶ良い状態ではありますが、あの痛みをあじわいたくないので健康に心がけています。
ストレスの多い現代では、かなりのひとが頭痛持ちです。聞けば、頭痛外来というのもあるとか。あの痛みは本当に体験した人でないと分からない痛みです。最近は、肩こりが原因で頭痛がおこります。頭痛がすると、体が凝っているんだな。と感じます。冬は特に寒くて体が凝ってしまうので頭痛が起きやすいです。

健康に心がけていても、忙しい毎日に体を駆使してしまいます。自分のストレス解消法を持っておくことや、片頭痛のサインを見逃さないこと。これが予防になると思います。体の血行をよくすることは、痛み止めを頻繁に飲むことよりずっと体にいいです。ズキトールは片頭痛サプリですが効果を感じています。心も体も「めぐり」よくしておくことが一番の秘訣ではないかな。と思います。

転職活動中

現在転職活動中です。3月末に仕事を辞めてしまったのですが、最近になって就職活動を始めました。
でもやっぱりもうちょっと早く始めておけばよかったかなと思います。

転職活動をするのは初めてなので、結構苦戦をしています。始めはどうしたらいいかわからず、とりあえず履歴書や職務経歴書を作成して、転職サイトに登録してみました。

これまでが販売職だったので、土日休みの事務職に転身しようと思ったのですが、なかなか未経験の場合敷居が高かったかなと感じました。そのため、今は派遣会社に登録しています。正社員でないことに心配はありますが、未経験だし、仕方がないかなと感じています。

しかし、派遣もなかなか楽に決まるものじゃないんだなと感じました。
まずは登録会に行き、要望を聞いてもらって、それから気になる案件にエントリーできます。エントリー後は社内選考もあるので、まずはそれに通らなくてはなりません。
スキルが足りないとそこで選考に漏れてしまうので、いくつかダメになってしまったものもありました。
逆に競争相手がいないような案件の場合はすぐに連絡くれることもあります。
それから顔合わせの日にちを決めるのですが、なかなか先方の都合などで時間がかかることもあります。

もっとスムーズに決まればいいなと思いますが、顔合わせまで行っても都合に漏れる場合もあるので油断はできません。就職活動がもっと楽になれば精神的にもありがたいなと思ってしまいます。

メールをするだけで高収入とは

メールレディで月3万稼ぐ!人気サイトはこちら

私はメールレディ体験者で、色々なサイトでお仕事をしていました。はじめは報酬の為にメールをしていたのですが、仕事をしていくうちに少しずつ色々な方と数多の話題でお話をすることの楽しさを感じることができ、気づけば報酬以上のやりがいを見出していました。いつもは引っ込み思案な性格の私ですが、【メールレディ】というお仕事を通じて自分に自信も持てるようになりました。今までの生活では、誰かの悩みを聞いたり相談に乗るなんてことは全然なかったので、私も画面越しにですが頼られているようで嬉しく感じますし、幅広い年代の方との交流をすることで私が知らなかったことも教えてもらえました。自分の視野が広がり、今でも沢山の方と楽しくお話ししています。
はじめは半信半疑で始めたというのが正直な意見です。今まで普通のアルバイトしか経験のなかった私には、ホームページを見て破格の時給設定に感じました。あまりの条件の良さに友人も信じてはいませんでした。メールするだけでお金を稼げればみんな行っている。というのが当時の思いでした。しかし、私は心のどこかで期待や関心を持っていたのだと思います。そして恐る恐る登録したことを今でも覚えています。ですがそれは私の勘違いで、お仕事をすればするほど楽しいですし、そして今でもずっと続けていたいと心から思います。インターネットには沢山の情報が載っていますし、【メールレディ】のお仕事も数多くありますので、自分で事前にサイトを見ながら把握してみるのが心構えとしては一番最適な方法だと思います。

簡単にお手入れできる化粧品がお気に入りです

どれだけ疲れていてダルくても、どれだけ眠くても、お風呂上がりにはきちんと肌のお手入れをしなければすぐにつっぱり感が気になります。それに、乾燥しがちな肌質なので、化粧水だけで簡単に終わらせてしまうと翌朝肌が粉をふいたような感じのカサカサな肌になってしまいます。面倒であったとしても毎日化粧水、美容液、乳液など一つ一つ丁寧に塗っていかないと翌朝の肌に大きく影響を与えると思っています。もちろん、化粧ののり具合にも大きく関わってきます。だから、手早く簡単に肌のお手入れが出来ることは何かと忙しく、時間に余裕のない女性や面倒くさがりな女性にはとてもありがたいことです。

先日購入したオールインワン化粧品は、とにかく保湿性に優れています。適量を塗るだけで、翌朝までしっかりパックをしたかのようにしっかり潤いが続いて、かつ肌にハリがでてきたので乾燥肌の私にぴったりだと思いました。今まで時間と手間をかけて肌のお手入れをしていたのは何だったんだと思うほど簡単に手早くお手入れが済ませることが出来るので、子供の世話に追われているときや疲れて早く眠りたい時、体調が優れなくて何でも簡単に終わらせたい時に大変便利です。

もうひとつ使って良かったのが、ピューレパールです。結婚して間もなく、膝が黒ずんでいることに気が付き、何年も悩んでいました。美白化粧品をつけていましたが、いいお値段の化粧品を膝につけるのが勿体無くてすぐにやめてしまいました。それでも黒くなった膝を見せるのが嫌でスカートがはけずにいたのです。悩んでいたら、友達が脇の黒ずみを消すジェルがあることを教えてくれたので、脇に効くなら膝にも効くだろうと試してみました。使ってすぐに効果が出るようなものではないのですが、しばらく使っているうちに少し薄くなった気がします。気休めかもしれないけど、また自信を持ってスカートがはけるようになるまで続けたいと思っています。
(ピューレパールはここから購入できます!)