消えたらいいにゃー

我が家では今まで二匹猫を飼った経験がありますが、二代とも猫用トイレに入れる消臭剤を購入しておりました。消臭というよりも、別の臭いで猫のおしっこやウンチの臭いをカバーするという感じで、臭い自体を消すという訳ではなかったのと、砂についている香りがやたら甘かったりするので、猫ちゃんの糞尿の臭いとは別の不快感を感じたりと結局は猫用トイレの悩みは尽きませんでした。また気分や体調にもよるのでしょうが、猫のトイレの消臭剤の臭いがあまりにも強すぎて吐き気を催したこともあります。こんなになるなら普通の砂を使って多少おしっこやウンチの臭いがしてもしょうがないと割り切った方がマシだと思ったほどです。消臭と銘打っているなら、臭い自体を消してくれないと困ってしまいます。

同じく猫を飼っている友人で、猫用トイレグッズは安物を買うなと言っている人がいました。友人曰くどうやらケチると臭いの悩みだけでなく、掃除も大変だということです。友人は猫のトイレの消臭剤と同じ効果のあるトイレ消臭サンドを使っているそうですが、安すぎると臭い自体も消えないし、砂と猫のウンチがくっついてしまって取るのが大変。挙句、掃除を行っている時にも臭さに耐えなくてはならず苦行だそうです。多少高くても、いいものは本当に臭いが無くなるそうです。臭いの軽減と臭いの消臭の違いですね。臭いがなければ猫がうんちやおしっこをする際に、毎回小まめに掃除をする機会も減るので、いいものを買うようにと言っていました。私自身、猫の排泄物の臭いは苦手なので、本当に消臭効果のあるものなら、多少値は張っても使ってみたいと思います。

>>猫のトイレの消臭に効果あるグッズはこちら

想像もつかなかったやりかた

ある脱毛サロンに二か月に一回の頻度で通い始めて一年半となりますが、予想していた以上の効果があります。予防接種もいかないくらい注射嫌い・痛さ嫌いな私でも、ここの脱毛サロンは痛みをほとんど伴なわずに処理をしていただけるので、非常に快適です。また、スタッフさんの対応も丁寧で、目隠しをしていて見えない分、次になにをやるのか、今なにをやっているのかなどを随時教えていただけますので、安心して任せることができています。私は全身脱毛ではなく、一部の脱毛のみですが、勧誘は一切なく、気兼ねなく肌や脱毛に関する質問をすることができます。値段も当時(2015年8月)の契約では、二か所(脇とVライン)で100円の無制限だったため、非常に満足しており、本当にあの金額で良いのだろうかと思うくらいです。

私の友人達はそれぞれ違う会社の脱毛サロンに通っていますが、今は大体どこでも痛みを伴わない、低価格の脱門サロンが主流みたいです。私の親戚の方(40代前半)が20代の頃(約20年前)に、約100万円ほどかけて、全身脱毛を行ったようで、今では考えられない値段で提供されていたのだなと思います。また、最近の脱毛サロンは予約の融通が利くという印象も周りの友人を見ていて思います。ある友人は常に電話で予約の変更行っています。私の場合は、携帯のアプリで予約の変更が可能なため、もし急に予定が合わなかったりする場合もすぐに変更できるので、快適でストレスなく利用できています。電話での予約変更は、アプリでの予約変更に比べると少し面倒くさそうです。
安くて安心の脱毛サロン⇒脱毛体験するならココ

アイプチで二重まぶたになってやる!

私は一重まぶたで目が細かったので、目つきが悪いと言われていました。なので、少しでも印象を変えたいと思い、友達が使っていたアイプチを使ってみることにしました。最初のうちはならないこともあり、すごく不自然な二重まぶたでしたが、一ヶ月ほど経過してからは目をつぶらなければ自然な二重まぶたを作ることができました。そして、驚いたことに、アイプチを続けたおかげで、本当に二重まぶたになりました。目が腫れたりした時以外はアイプチがなくても二重のままです。アイプチを卒業して10年以上経ちますが、本当にお化粧をする時が楽になりました。もしアイプチで二重にならなかったらプチ整形をすると言っていたことが懐かしく感じます。
最近の二重にするためのアイテムは私が当時使用していた時よりたくさん存在していますが、特にアイプチは合わない人はまぶたのかぶれを起こしてしまう人もいるそうです。自分にあったアイプチを見つけるのも大変だと思いますが、迷った時はコスメの口コミサイトを参考にしてみるのもいいと思います。最近の口コミサイトで高い口コミを獲得しているのは、ナイトアイボーテという商品です。ナイトアイボーテは販売実績も多く、また粘着力やデリケートなまぶたの皮膚にも優しい成分が配合されています。販売サイトで定期購入も可能で、口コミも多く、本当に二重になったという声も多いそうですし、初回のみで解約もできるので、試してみる価値はあると思います。
ナイトアイボーテの口コミはこちら

ダイエットの心強いパートナーになる!

腸内環境を整えれば痩せると、どこかで聞いたことがあります。腸内環境を整えるのに簡単なのはヨーグルトを食べることですが、ずっとヨーグルトを食べ続けるのは難しく、忙しい社会人生活では全部自炊でご飯を用意するのは難しいです。そういうときは、やはりサプリですよね。私も忙しい中でも少し体重を落としたいと、生きてるスーパー痩せ菌で菌活ダイエット プレミアム酵母というサプリの力を借りつつ、適度な食事と運動を心がけています。まだ使い始めたばかりですが、やむを得ず太りやすい食事を週末2日ともしてしまったときも、痩せやすい体になってきているからか、体重の変動が少なかったです。
サプリに力を借りて、健康的な体になれるのならば、惜しい投資ではないと思います。薬ではなく食品なので、副作用の心配もなく安心です。これからも頑張ってダイエット続けたいです。

最近テレビCMでも乳酸菌・酵母でダイエットについて目にすることが増えました。ドラッグストアでもそのようなサプリをおいている場所は一定の広さを占めていると感じます。食品から摂取しようとすると、なかなか大変ですが、手頃な価格で飲みやすいサプリが手に入るならぜひためそうと思いました。厳しい食事制限無しでも痩せやすい体作りのサポートをしてくれるのでとても助かります。今までダイエットサプリは、痩せ薬のようで怖いと感じていましたが、酵母などであれば自然にあるものを体内に取り入れて利用するだけなので安心だと感じます。食べる楽しみを損なわずにダイエットを続けられるというのがこのような酵母ダイエットの一番の魅力であると思います。
痩せ菌を増やすサプリはココ!痩せ菌の増やし方NAVI

自分でできるもん

靴のクリーニングなんて需要があるのかなと最初は思っていましたが、実際に自分のロングブーツがカビてしまった時に利用しました。外側は磨けばカビはとれたような気もするのですが、内側は見た目がカビていなくてもなんとなくカビ臭いような、湿気ているような感じで気持ちが悪い。けれど自分ではどう手をつければいいのかわからないため、くつリネットにお願いしました。戻ってきたときは内側のカビ臭さや湿気感もなくなり、スッキリした印象。履いた感じが全然違います。やっぱり内側はカビ、もしくは湿気ていたんだなと実感しました。外側も自分で磨くのとは違い光沢が整って戻ってきました。おかげで一度は捨てようか迷った靴ですが、クリーニング後は気持ちよく履けるようになりました。

革靴など外側は自分で磨くことはできても、内側は素人には手をつけるのが躊躇するところ。また、ムートンブーツなどは汚れがついたら落ちにくく、外側ですらどう手をつければいいのかわからないものです。今までだったら泣く泣く捨てていたかもしれない大事な靴を、もう一度履けるように生き返らせてくれるため、とても助かるサービスだなと思います。大事な靴といってもつい普段のお手入れはサボりがちだったりするものです。靴がひどくなった時はもちろんのこと、靴を長く履くために、定期的にクリーニングをお願いするといった使い方もありかもしれません。靴をクリーニングできれば、今まで安い靴を使い捨てにしていたスタイルから、ちょっといい靴を履けるようになるかもしれません。

好きな居酒屋について

私は基本あまりお酒は強くないので乾杯などに付き合う程度です。それでも仕事関係だったり、付き合い等で居酒屋に行くことは時々ですがあると言えます。まあ休みの日に自主的に行くことはないのですが、お酒が飲めない分食べて元を取ろうとするのでフードが充実していて尚且つ安価な居酒屋が好きです。

お気に入りの居酒屋を1つ挙げるのなら鶏貴族です。このチェーン店は全品280円で鶏肉料理をメインの居酒屋だから値段を気にしないで注文出来、安価なのに国産だから安心して食べれます。

また鶏肉なので結構ガッツリ食べても意外とヘルシーだったりします。特にお気に入りのメニューで毎回必ず注文するのが鉄板メニューはもも貴族焼(タレ)で、鶏貴族に来たら絶対に外せません。お酒のつまみとしても合うのでしょうが、ご飯にも合うメニューだと言えます。他にも手羽先もしっかり食べたと満足感があるので好きなメニューです。

またご飯モノも280円でとってもリーズナブルでボリュームがあるのがとり釜飯で、鶏ガラスープで炊いてるから味がしっかり染みて美味です。それにこれだけで結構お腹一杯になるので鶏貴族だと物足りないということはありません。たまに他の居酒屋ではお酒ばかりで注文したいものがない時があったりします。

あと8人以上なら2800円で食べ放題、飲み放題の28とりパーティーにするとお得です。これなら値段を気にせず何品でも食べて飲むことが出来るから大人数の飲み会にオススメです。

大変そうだけどうらやましい

30代後半の専業主婦ですが、幼稚園と小学生に通う子供が2人います。周りも2人兄弟が多いのですが、たまに3人兄弟、時には4人兄弟という人もいます。20代後半と30代前半に子供を出産したのですが、その時は育児も大変だったことからもう子供は2人でいいと思っていました。

でも、子供の育児が落ち着いた辺りに周りでも3人目・4人目を出産する人が増えて年の離れた兄弟もいいなと思う時もありました。

子供の通う幼稚園では20代後半で4人の子供を産んで育てている人も何人かいますし、下の子2人を連れて上の子を送り迎えしているお母さんもいます。

下の子1人をおんぶして、真ん中の子を抱っこしてたり愚図って泣いていたりするところを見ると、大変そうだなとかもう私は戻りたくないなと思う自分がいます。

経済的な事を考えてもそうです。2人の子供を大学まで卒業させようとする場合、主人のお給料ではギリギリだと思います。それに外出なども大変そうですし、旅行に行くのもお金がかかるとマイナスな事ばかり考えてしまいます。

私が真面目過ぎるのかもしれませんが、現実的なことを考えると3人・4人子供がいてみんな大丈夫なのかなと余計なおせっかいを考えてしまいます。

それでも、3人・4人兄弟を育てるお母さんは「家族が多いと楽しい」とか「兄弟は多い方が賑やかで将来も楽しみだ」というポジティブな考えの人が多くそういう考えが出来てうらやましいなと思う時もあります。人生、どう考えるかは人それぞれですが自分のベストな答えを出したいと思っています。

可愛いくて価格がリーズナブル!

私がお店で働いていた時は、ほとんどの女の子がリューユのキャバドレスを購入していました。仕事柄、なかなか昼間にわざわざ出かける用意をしてお店にドレスを買いに行くのは億劫なものです。なのでほとんどの女の子が、自宅でゆっくり商品を選ぶ事のできるリューユのキャバドレスを愛用していました。実際に商品も今時のデザインが多く、可愛い商品があります。また、実際ににお店で買うよりも値段が安いものが多いです。写真などで細かいデザインを見る事もできるので、お店に実際に行って購入するのと変わりないのです。商品の到着までもとても早く、商品不具合での返品、返金などの対応もしっかりしており、不安なく購入する事が出来ました。

ドレスを実際にお店で買うと、サイズや実際のデザインを細かく知ることは出来ますが可愛いデザインのものだと価格もそれ相当の値段がします。しかし、リューユのキャバドレスは、今時の可愛いデザインのキャバドレスが多く扱われており、デザインも細かく見ることができます。尚且つ一番嬉しいのが、実際にお店で買うよりも安い価格で手に入れることができる点です。そして、わざわざ準備をして家から出ることもなく自宅にいて自分の空いた時間に、じっくりと商品を選ぶことができる点もとても嬉しい点です。ただ、ドレスは実際に着てみるとイメージと違ったりする事もあるので、初めてドレスを買う際は実際にお店で買ってから検討する事をお勧めします。

消えないもんだなぁ

一時期、ひざをつく作業をやっていて、下手すると4時間以上ぶっ続けでした。作業が終わると、ひざが真っ赤に腫れてたのですが、放っておけば治ると何もケアしませんでした。サポーターをつけるとか、対策はあったと思うのですが、当時はそこまで考えてなかったです。そんなことを数か月繰り返しているうちに、次第にひざに黒ずみができてしまいました。ついには皮膚が硬化。でも、私はひざをついても痛みや腫れが出なくなり、作業が楽になったとのんきに喜んでました。普段はズボンをはいているので、黒ずんだひざが露出することはありません。しかし、冠婚葬祭の時にスカートをはくことになり、ひざが露出することになった時、ストッキングをはいても黒ずみが意外に目立つことに気づきました。それで黒ずみを消そうと、やっと思い立ちました。とはいえ、ひざの黒ずみはそう簡単には消えず、今もクリームなどをぬっています。

要するにひざの黒ずみは、色素沈着なんですよね。長い時間をかけて摩擦などで皮膚の色が変わったのですから、これを元にもどすのは時間がかかります。とはいえ、じっくり時間をかけて、尿素入りのクリームなどをぬって手入れを続けていけば、ある程度はキレイになります。逆に焦って、軽石などでこすって黒ずみを削り取るようなことをしても、黒ずみは取れません。むしろ黒ずみがひどくなりますので、やらない方が良いです。根気よく繰り返し手入れを継続して行うことが大切です。ビタミンCを飲むと、多少皮膚を白くする効果があるそうですが、私はまだ試してません。でも、毎日緑茶を飲んでいるので、ビタミンCは摂れているはず。緑茶はレモンよりビタミンCの含有率が高いので、心ひそかに期待しているのですが...それでも駄目なときは、ラスターで黒ずみが消えるらしいので試してみようと思います。

大学の教育費

高校まではほとんど義務教育の有様、教育費はほとんど親が面倒見ていると思います。
とかくに話題になる奨学金、ただいまでは大学生の半数ちかくが利用しているそうな。
すると多くの人が奨学金を利用、みんなどうにかしているふうに見えるので、漫然とどうにかなるとばかりに奨学金を借りれば、毎月給料のように振り込まれれば、それって給料と錯覚する人も多いかもしれないです。

奨学金は借金ですと、親も子もしっかり認識して借り入れる、それはあくまでも学校で勉強するためのものであって、儲けた給料のように好きなように使うべきものではないと、親は子に教育しているんだろうか?

我家とたいしてかわらない世間様がどうにかやっているのだから、どうにか出来るのだろうと安易に考えている人も多いかもしれません。

たしかに親には高校まで教育費出してもらったのだから、以後は本人がという意気込みにけちつける気はないけど、学校卒業して社会人一年生、何百万円の借金をせおっての船出ですよ。

大学の学費って親持ち?本人が持つべきもの?
大学って義務教育ではありませんから、そこに進ませたいと思ったら親が持つべきものと思っていましたよ。

大学生の時に奨学金をもらい、バイトをしていれば、社会人になってからの収入のほうが少ないという現実はいくらでもありますよ。しかも借金は返済していかなきゃなりません。学校卒業して3年以内に3ぶんの1が最初の就職先をやめるとのこと。何者にもなれないうちに転職すれば収入が増えるってなことはないと思いますね。

奨学金を返せないのは仕組みのせいだと怒りまくっている記事ままみますけど、そもそも借金をしています、返さなきゃ一人前の社会人とは認められないのが娑婆ですよと、まずは借りる時に腹をくくって借りなきゃね。